読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムシクイアナ

飼育しているタランチュラ、ヒョウモントカゲモドキ、ボールパイソン、キングスネークなどの飼育記録。またフィールディングの記事も書きます。

自己流 クワガタムシの人工蛹室の作り方

マット交換のタイミングが悪かった場合、クワガタムシの幼虫が作った蛹室を破壊してしまうことがあります。他にも部屋が小さかったりケースの底に作っていたりなど、蛹室の条件が悪い場合は蛹から羽化するときに羽化不全になる可能性が高くなると判断した時は人工蛹室に移し替える必要があります。

 

人工蛹室には市販のスポンジを使った商品もありますが、ここでは市販品に頼らずに100均やホームセンターなどで販売されている道具を使った人工蛹室の作成方法を紹介します。材料費もたいしてかからないので、羽化の観察をしたいときなどに試してみてください。

 

人工蛹室作成に必要な道具

人工蛹室作成に使う道具

用意する物は画像のとおりです。

オアシスと切断用のナイフ(カッターでも可能)、スプーンです。オアシスとは園芸店やホームセンターなどで販売されている生け花で花を固定するための物です。加工がしやすいことと吸水性・保水性が高いため人工蛹室を作るのに適しています。

私はオアシスを掘るときにスプーンを使っていますが、中には針金を使ったり棒状の道具で形を掘る人もいます。色々試してみてしっくりくる道具を探した方がいいです。

 

人工蛹室の作り方

オアシス カット

はじめにオアシスは使うケースのサイズに合わせてカットする必要があります。厚さは蛹室の高さ+水分保持用の高さとして1-2cmもあれば十分です。

 

次にスプーンと指でオアシスを蛹の大きさに合わせて掘っていきます。作業中はオアシスの粉が散らかってしまいますが、新聞を引いたり容器の中で行えばカスが飛んでも掃除しやすいです。

オアシス カット

オアシスに穴をあける時の大きさですが、目安は蛹の長さの2倍です。横幅は1.5倍くらいあれば問題ありません。深さは削りすぎてしまうと元に戻すことができないので、少しずつ削る方が失敗しにくいです。

胸部より下になる部分に「返し」をつけておくと、羽化するときに仰向けになるときの足掛かりができて動きやすくなるようです。頭部の所にもつけてしまうと種類によっては角が曲がってしまう可能性があります。

 

ある程度形を作り終えたら、水を吸収させます。掘った時に表面がデコボコになっている部分があると思いますので、指で押したり擦って表面をなだらかにします。デコボコしていると成虫の体にも跡が残ることがあります。

オアシス人工蛹室

これで蛹室の完成です!

 

飼育ケースの中に入れて、蛹を入れます。蛹は頭の無機が高くなるようにおきます。蛹にとってはストレスになるので、無駄に触らないで素早く移動させます。蓋にたくさんの穴が開いているケースは乾燥が早いので、適宜水を追加するようにします。人工蛹室の水分量は、オアシスを指で押したときにじんわりと水が染み出る程度に私は抑えています。

 

あとは羽化を待つだけです。観察をするときに見やすくなるので、羽化の観察をしたいときにもオススメです。

 

※この方法は蛹室を縦に作るタイプの虫(日本のカブトムシなど)には使用できません。縦に作るタイプの物は別に紹介する予定です。

Cheirotonus jansoni ヤンソニーテナガコガネ

Cheirotonus jansoni ヤンソニーテナガコガネ

Cheirotonus jansoni ヤンソニーテナガコガネ

ヤンソニーテナガコガネは中国、ベトナムに生息するテナガコガネ。長くて鋭い前足が特徴的。前胸背板は濃い緑色、中には赤色の固体も存在する。

 

現在日本では特定外来生物に指定されており、飼育することができない。昔は生きたものが輸入されていて、飼育が可能だった。インターネットで飼育記録がみることができるが上手く育てていた記録は少ない。

Cheirotonus jansoni ヤンソニーテナガコガネ

Cheirotonus jansoni ヤンソニーテナガコガネ 雌 63mm

Cheirotonus属の最大種ということで、何時かは自身の手で採ってみたい蟲の一つ。しかし中国では日本のヤンバルテナガコガネ同様に保護種指定されているようで採集は禁じられている。その割に2010年以降に採集されている標本が日本で出回っているので本当に厳重に保護されているのかは怪しい。

 

そして、ベトナムの事情はよくわからない。そのうち調べると思います。

 

【爬虫類の餌】ミルワームとは。状態の良い個体の入手・販売店・値段

ミルワームの容器

ミルワームとは

ミルワームはフクロモモンガやハリネズミなどの哺乳類、鳥類、アロワナなどの魚類およびその他ペットのための餌用昆虫です。ちなみにミルワームはチャイロコメノゴミムシダマシまたはコメノゴミムシダマシの幼虫のことです。ミルワームはストックの手間・繁殖の難易度が低いため非常に扱いやすい餌用昆虫です。また販売している店舗も多く、値段も安いため入手しやすいということも魅力でしょう。ミルワームを食べるペットが複数いる場合は、自分で繁殖させ、餌として与えると飼育コストの削減につながります。今回はミルワームの入手方法・販売価格について紹介します。

 

ミルワームの入手

ホームセンターやペットショップで手に入ります。売り場に並べているお店もありますが、冷蔵庫や低温庫でストックしているお店もありますので、見つからない場合は店員に聞いた方がいいです。商品を目で見て選べるという点がメリットですが、大量に買えないことがあります。また、通販で購入するときと比べて多少値段が高くなります。

 

ホームセンターで購入するときは入荷時期の確認や容器をよく確認することをお勧めします。長時間売れ残っている物があった場合ダニが湧いていることがあります。1度気付かずに買ってしまって苦労しました。容器を見てみればダニがいるか確認できますし、餌の減り具合と脱皮の皮の数で状態の良いものを選ぶことができます。

 

ミルワームの容器

幼虫の糞が少ないものを選んだ方が良いです。

 

家の近くに取り扱っているお店が見つからなかった場合は通販で注文しましょう。ミルワームを専門に取り扱っている業者・ペットショップもあります。私は大量に飼育する必要があるときのみ専門の業者に注文をお願いしています。送料がかかってしまうこともありますがまとめ買いをしているので1匹当たりの値段は安くなります。Amazonや釣り餌のネットショップでも取り扱いがありますが、どのように管理されているのか不明な場合が多いので避けた方が良いかもしれません。

 

ミルワームの販売業者

www2u.biglobe.ne.jp

通販ではこのみとコオロギさんでしか注文をしたことがありません。送ってくる時の梱包も非常に丁寧ですし、1000匹以上の大量注文をした場合は送料が無料になります。ほとんどコオロギと一緒に合わせ買いしています。

 

 

まとめて購入すると1匹当たりの値段も安くなるので飼育数が多くなってきた方や繁殖を考えている場合は通販でのミルワームの入手をお勧めします。