読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムシクイアナ

飼育しているタランチュラ、ヒョウモントカゲモドキ、ボールパイソン、キングスネークなどの飼育記録。またフィールディングの記事も書きます。

【昆虫マット】BuBuのカブトマットをつかった感想

飼育用品 マット カブトムシ

BuBuさんのカブトマットを約1年間使用した感想です。私の使用方法・環境で起きていることですので、他の所でこの通りになるとは限りません。また、マットのロット差もありますので、ほぼ参考にならないと思っていただいた方がよいと思います。

 

HP:ネットショップBuBu

このお店で販売されているスーパーカブトマットを使っていました。

【商品説明】
広葉樹100%の菌床を4~6ヶ月間かけて、完熟に発酵させたマットに7mmに
粉砕させたクヌギ等の朽木を混ぜ合わせて発酵させたマットです。
栄養素の高い朽木を混ぜ合わせる事により、カブトムシが朽木の繊維質の中から
デンプン質を吸収し大きく育ちます。

出典:スーパーカブトマット 1.5L×1袋 - ネットショップBuBu

 

選んだ理由は安いからです。50Lで1350円!。送料を入れても2000円以下です。ポイントが付くことも、セールが定期的に行われるのも魅力ですね。カブトムシの数が多いためマットをよく消費するので、値段が安いのは私にとって非常に重要です。

 

マットの質はこんな感じです。

 

BuBu スーパーカブトマット

離れたところから。

 

BuBu スーパーカブトマット

近いところから。

 

到着時に開封すると、ツーンとするアルコール臭がしました。再発酵してるっぽいですね。恐らく、トラックの揺れや気温の変化で再発行が起こったのでしょう。そのまま使うわけにはいかないので、1週間くらい風にさらすと臭いがとれていました。

 

水分量は普通かなといった印象でした。異物の混入は多少ありました。といっても5mm位の小石なのでほぼないといってもよいです。コバエなどは開封時にはいませんでしたが、次のマット交換時には結構発生していました。

 

コバエが発生している理由は、はじめから卵が混入していた可能性もありますが、恐らくマットのガス抜き時に入ったと思います。1週間近く外に開けているとやっぱり入ってしまうのかもしれません。コバエも室内にほぼいない状態で洗濯ネットにケースを入れて飼育しているため、飼育中に混入した可能性はほぼないと思います。毎回コバエに悩まされるのが嫌なのでしばらくは購入を控えたいと思います。

 

気になる幼虫の成長ですが、それなりに良いと思います。7月に2令で投入したヘラクレスが12月には102gになっていました。まだ羽化していないんですけどね。。羽化したら画像を掲載します。

広告を非表示にする